大雲山 松源寺 ( だいうんざん しょうげんじ)

永代供養募集中 納骨堂募集中

駐車場 休憩所 法要施設 ペット供養 水子供養

松源寺は北九州戸畑区の静かな住宅街に伽藍を構える曹洞宗のお寺です。

郷土史によると、松源寺の前身は古くから地域の人々の信仰を集め、寺小屋として教育が行われてきた観音堂とされており、戸畑の中でもかなり歴史のあるお寺の一つと考えられています。

松源寺について明確な記録が残されているのは昭和17年から。曹洞宗中原教会として発足し、さらに昭和28年には現在の「松源寺」に組織改編しました。

山門をくぐった右手には地蔵堂があり、地域の皆さんから寄進された観音像や、中心には修行大師像が鎮座。この修行大師像は、帆柱新四国霊場第23番のご本尊にもなっています。

松源寺では1月の大般若、3月・9月の彼岸会法要、5月の月遅れ花まつり、12月の成道会まで一年中様々な活動が行われていますが、中でも特徴的なのはいろいろなご法要に「御詠歌」を取り入れられていることです。

御詠歌とは、鎌倉時代より継承されている、巡礼や法要などで節(ふし)を付して、鈴鉦にあわせて詠吟する巡礼歌てすが、松源寺で取り入れられているのは曹洞宗の御詠歌「梅花流詠讃歌」。鈴鉦を振りながら、仏・菩薩様や曹洞宗の両祖様を讃嘆し、さらにご先祖様への想い、平和への願いなどを歌詞に託した、やさしく唱えやすい御詠歌です。

松源寺の山口住職は数十年前から御詠歌を学ばれており、現在は松源寺以外のお寺でも指導を行われているそう。

「御詠歌の良さはやはり歌詞にあります。歌が上手いとか声がいいとかだけでなく、歌詞の内容をしっかり読み取り、その思いを乗せて歌うと、聞いている方の心に深く響きます。

カラオケもいいのですが、御詠歌は声を出し、鈴鉦を振って左右違う動きをしますから、認知症予防にもいいんですよ(笑)」とご住職は微笑まれます。

ご住職は修行時代から御詠歌に親しみ、現在は梅花流の刊行誌で記事を依頼されるほどの巧者ですが、松源寺は前住職も御詠歌の先生であり、オペラ歌手でもあったとか!

松源寺には長年にわたって素晴らしい「御詠歌」が響きわたっているのですね。

御詠歌は檀家さん以外の方も習うことができますよ。興味があるかたはぜひお問合せくださいね。

JR九州工大前駅から静かな住宅街を歩くと松源寺の風格のある山門が見えてきます。本堂は二階建ての鉄筋の建物で、本堂は二階。交通アクセス抜群の都心部にあるお寺らしく、どこか現代的な風情が感じられるお寺です。塀の向こう側から町を見守るように顔をのぞかせる観音様に一礼をして松源寺の境内におじゃましました。

山門をくぐった右手には修行大師像が安置された地蔵堂、左手には西国観音霊場を模した三十三体の石仏がずらりと鎮座されています。

境内の中央には空に向かってそびえる巨木が――。大木のためカットされていますが、積み重ねてきた年輪がこの地の信仰の歴史を物語っています。

階段を上って本堂へ向かいました。整然とした格天井が印象的な本堂は、ゆったりとお参りができる落ち着いた雰囲気。御詠歌の稽古もこの本堂で行われ、ご本尊様に見守られながら唱える御詠歌は、心を静かに癒してくれます。

そして今回の取材ではなんと!ご住職様に御詠歌を歌っていただきました!
御詠歌を聞いたことが無いアノヨコノヨ編集Kのために、快くお歌いくださったご住職様に心から感謝いたします!
仏教の教えを分かりやすく伝える歌詞と、リズミカルに奏でられる鈴鉦の音に耳を傾けていると、自然と御詠歌の世界に心が引き込まれていきます。

御詠歌をお唱えする住職
本当に素晴らしいお声なのですが、
「実は私は人前で声を出すことが苦手だったんです。今も教えているというより皆さんと一緒に勉強させていただいているんですよ」とご住職はとても謙虚。優しい笑顔の親しみやすい方で、「お寺は“人が亡くなってから来るところ”だと思っている方がいますが、そうではなく“生きているときにこそ”来ていただきたいですね」と微笑まれます。


そんなご住職様が大切にしていること、そして皆さんにも伝えたいことについて聞くと――。
「ご先祖さまを大切にすることは、ご先祖様からご縁をいただいた自分の命を大切にすることにもつながります。そして自分を大切にすることは、ご縁をつないでくださったご先祖様や、今ここに生かされていることに周囲に感謝して暮らすことにもつながります。それがご先祖供養なんですね。ご先祖様のためだけのものではないのです。自分一人で生きていくことはできません。すべて周りのおかげとご縁で生かされていることをいつも感謝して暮らしていただければ…思っています」とご住職。

お寺やお仏壇に手を合わせると心がほっこりと優しくなるのは、そういう理由だからなのかもしれませんね♪

御詠歌が視聴できます!→公式サイト 曹洞宗ネット「お唱えを聴いてみましょう」

<?php echo esc_html( ■松源寺で御詠歌を学んでみませんか?); ?>

■松源寺で御詠歌を学んでみませんか?

御詠歌とは讃美歌ならぬ「仏讃歌」とも言われており、鈴鉦の厳かな響きと心に響く歌詞で仏さまの教えをお唱えしていきます。お経の内容をわかりやすく表現したものなので、お経に詳しくない方も入りやすく、仏様の教えに自然に親しむことができます。「仏教の教えは言葉が難しくて分かりにくい」という方はぜひ御詠歌から学んでみてはいかがでしょうか?松源寺では毎月第一木曜日に御詠歌の練習を行っています。練習のあとはご住職や参加者の皆さんとのお茶を飲みながら歓談を楽しむこともできますよ。

■松源寺の納骨堂は現在加入者募集中です!

美しく気品ある納骨壇を配した松源寺の納骨堂は、厳かで落ち着いた雰囲気。
ご本尊様に見守られた静かな空間でゆったりと眠ることができます。
永代供養についても、お気軽にご相談ください。

<?php echo esc_html(■松源寺の納骨堂は現在加入者募集中です!); ?>

西鉄バス 花園バス停 徒歩3分
JR 九州工大前駅 徒歩12分

地図

Google マップ で表示する