2月1日 福岡・油山観音で 「粥開き」が開催されます!

2020年01月29日

1月29日 本日の新着情報

■2月1日 福岡のお寺「油山観音」で豊作を占う
伝統的な行事「粥開き」が開催されます!

 

毎年2月1日に福岡市のお寺「油山観音」にて行われる恒例の「粥開き」が今年も開催されます!

「油山観音」は福岡市の南部、油山中腹に位置する歴史あるお寺で、

「粥開き」は、境内にある観音堂にお供えされた小豆粥のカビの付き具合で

今年一年の作物の状況などについて占うユニークなお祭りです。

 

2019年の粥開きの様子

 

粥開きは黒田藩四代藩主綱政公によって元禄8年(1695年)に再興されたと言われる伝統行事で、

その歴史は300年以上!

当日は、小正月の1月15日の早朝に小豆といっしょに炊いて

収穫時期ごとに三つの器に分けて本堂に供えていた米を

住職や世話人ら7人が虫眼鏡や箸を使って観察。

カビの色や香り、水分量、味覚までじっくりと丁寧に調べ、今年一年の気象や作柄を占います。

その結果は、9段階で御粥開目録により公開されますよ。

 

 

ご見学の方にはあったかい甘酒などもふるまわれます(^▽^)

 

皆様ぜひ2月1日は油山観音のかゆ開きにお出かけくださいね!

 

 

【油山観音】かゆ開き

場所/油山観音 福岡県福岡市城南区東油山508
        TEL 092-861-4006

昨年の粥開きのレポートはこちらから→農作物の作況を占う油山観音の伝統行事「粥開き」