注目の永代供養 徳門寺永代供養塔

見学予約

注目の永代供養 徳門寺永代供養塔

800年以上の歴史を誇る由緒ある寺院の永代供養塔。
将来にわたって管理・供養をお任せでき、檀家にならなくても加入できます。
追加費用も一切なく、お墓や納骨堂を継ぐ方がいない方も安心です。

1仏様25万円 夫婦プラン2仏様45万円

CONTENTS

徳門寺 永代供養塔の魅力
こんな方におすすめ
徳門寺について
交通アクセス

徳門寺 永代供養塔の魅力

【安価】
1仏様 25万円

永代使用料、永代供養料、納骨代、消費税、管理料すべて込み
1仏様 25万円 4名様以上は100万円が上限となります
夫婦プラン 2仏様 45万円 専用夫婦骨壺付

※管理費不要。追加費用は一切ありません。
※4仏様以上ご納骨される場合も100万円が上限となりますので、それ以上のお支払いは不要です。
(※ご契約時に決められた数より増やすことはできません。)

注目の永代供養 徳門寺永代供養塔

【檀家にならなくても大丈夫】

お寺の永代供養塔ですが、檀家にならなくても利用でき、
宗旨宗派も問いません。

お寺の納骨堂の場合、その多くが檀家になることを加入の条件としています。しかし、最近では「永代供養をしてほしいけど、檀家にはなりたくない」という声を耳にすることが増えてきました。そこで徳門寺の永代供養塔はそうした方々も安心してご利用いただけるよう、檀家になる必要が無く、宗旨宗派を問わずにご利用いただけるようになっています。
将来にわたって管理費などの支払いもなく、寄付金などをお願いすることもありません。
お寺づきあいが苦手な方も安心してご利用いただけます。

※ご供養は禅宗(臨済宗妙心寺派)のしきたりに則って行います。あらかじめご了承ください。
注目の永代供養 徳門寺永代供養塔

【丁寧な供養】

納骨堂の後継者がいない場合も、
永代にわたって丁寧に供養・管理しますので安心です。

「永代供養と言っても、本当にちゃんと管理・供養をしてもらえるのかしら…」とご不安を抱かれている方もいらっしゃるかもしれません。しかしご安心ください。徳門寺の永代供養は年忌のご供養はもちろん、13回忌後合葬してからも、命日月には名前を読み上げて丁寧にご供養いたします。
また戒名プレートに彫刻をすることもできます。(※別途料金5000円が必要となります)
個別のご法事などにつきましてもお気軽にご相談ください。
注目の永代供養 徳門寺永代供養塔

【夫婦で安心。夫婦プラン】

ご夫婦でゆっくりと眠りたいという方々に。
お二人で45万円の夫婦プランをご用意しています。

夫婦プランでは素敵な専用ペア骨壺に入れ、ご夫婦隣合わせで、寄り添ってご安置します。価格はお一人様25万円のところ、夫婦プランはお二人で45万円と安価な設定になっています。
夫婦プラン 2仏様 45万円 専用夫婦骨壺付
注目の永代供養 徳門寺永代供養塔

【人気の糸島地区周辺】

周辺には夫婦岩で知られる二見ヶ浦などの名所もあります。
海に山に、美しい自然に包まれた永代供養塔です。

福岡前原道路 「今宿」出口より車で約22分 専用駐車場完備

徳門寺は宮浦漁港から福岡市海釣り公園を抜けた国道54号線沿いにあり、少し先には福岡屈指の名勝として知られる二見ヶ浦が広がっています。沿路にはかき小屋や海釣り公園も…。永代供養はお参りに来れない方も安心ですが、徳門寺の永代供養塔はお参りに来られる際にも紺碧の海が広がる美しい景観をお楽しみいただけます。

↑ページトップに戻る

こんな方におすすめ

  • お墓や納骨堂を管理する後継者がいない方
  • 安価なお墓や納骨堂をお探しの方
  • 永代供養をしてほしいが、お寺の檀家にはなりたくない方
  • 一人暮らしで自分が亡くなったあとの納骨先を準備しておきたい方
  • お墓じまいをして取り出したご遺骨の納骨先をお探しの方
  • 永代供養であっても、丁寧にご供養をしてほしい方

↑ページトップに戻る

徳門寺について

注目の永代供養 徳門寺永代供養塔
徳門寺は臨済宗の始祖である栄西禅師が、宋から帰国し博多に聖福寺を開いた際に、糸島方面に建立されたお寺の一つです。建久2(1191)年に栄西禅師が著された「興禅護国論」にも徳門寺の名前が記されるなど、深い歴史を刻んだお寺です。
そんな由緒あるお寺ですが、徳門寺の天野住職は、敷居の高いお寺ではなく、どなたでも気軽に足を運べ相談などができる親しみやすいお寺を目指されており、毎月行われている“洗心会”という名の坐禅会には檀家以外の方もたくさん参加されています。
庭にはゆったりとくつろぐ猫たちの姿も♪優しい笑顔のご住職を慕って、供養だけでなく、毎日の暮らしや人生についてのご相談に訪れる人も少なくありません。
注目の永代供養 徳門寺永代供養塔

住職挨拶

注目の永代供養 徳門寺永代供養塔

近年、「夫婦二人だけでお墓の後継者がいない」「子どもはいるが、遠方に住んでいてお墓の管理が難しい」などの理由で永代供養を選ぶ方が増えています。徳門寺においても、10年ほど前より檀家さんから永代供養に関する相談が寄せられるようになり、“皆様の供養に関するお困りごとを解決する手段は無いだろうか”と検討を重ねた結果、平成30年に永代供養塔を建立いたしました。
永代供養については様々なご意見があり、時には「永代供養を選ぶのは信心が薄いせいでは」「ご先祖様に申し訳ない」などと悩まれる方もいらっしゃいます。しかし私は、永代供養の相談に来られる方はとても信心深い方が多いと感じています。というのも、永代供養塔をご利用の皆さんの多くが先祖供養を大切に考えられており、先祖代々のお墓や納骨堂を供養できなくなることを危惧され、家族で話し合いを重ねた結果、永代供養を選ばれているからです。
しかし、時には「子どもたちに迷惑をかけたくない」という理由で永代供養を選択される方もいます。親心としてはよく分かりますが、お子様方は逆に「親の供養は自分たちの手で行いたい」と考えられていることもあります。そうした想いのすれ違いがないよう、永代供養塔を選ばれる際はご家族でしっかり話し合われて、疑問や不安などがありましたらぜひ当寺にご相談ください。皆さんが後悔しない、納得できる選択ができるように、お力になりたいと考えています。

しかし、百聞は一見に如かず、まずはご来寺いただき、実際にご見学ください。ご見学は何回来ていただいて構いませんし、分からない点、不安な点などがありましたらお気軽にお問合せください。もちろん、ご見学されたあとお断りいただいてもかまいません。
徳門寺の永代供養塔を通じて、皆様の供養のお悩みが解決できますよう、心より願っております。

(徳門寺 天野徳道住職) 

枯山水の庭が美しい、静かで心落ち着くお寺です。

徳門寺という寺院名になったのは寛文5年(1665年)で、それ以前は“竜雲庵”という寺号だったと言われています。
境内には当時の面影が今に残されており、本堂の前に広がる枯山水の庭には竜の形をした庭石も残されています。
雲を思わせる白い敷石から顔を出す石竜の姿は美しく圧巻です。
注目の永代供養 徳門寺永代供養塔
注目の永代供養 徳門寺永代供養塔

平成24年に建て替えられた本堂はヒノキをはじめとする木材で組み上げられており、優しい木の香りが心を和ませてくれます。
本堂前には広々とした縁側も設けられており、そこに座ってゆったりと枯山水の庭を眺めることもできます。

注目の永代供養 徳門寺永代供養塔

お寺の中ではのんびりと猫ちゃんもくつろいでいます。

※徳門寺のご紹介はこちらから

↑ページトップに戻る

交通アクセス

福岡前原道路 「今宿」出口より車で約22分
※ 専用駐車場完備

〒819-0201 福岡県福岡市西区大字宮浦1930
TEL:092-809-2817

注目の永代供養 徳門寺永代供養塔

海と山の両方に包まれた自然豊かな立地。
海釣り公園、二見ヶ浦も近くにあります。
ぜひ、車窓からの風景を楽しみながらお越しください。

注目の永代供養 徳門寺永代供養塔

夏は紺碧の海、冬から春は名物の牡蠣小屋で美味しい牡蠣を堪能。
一年中楽しめるロケーションです。

見学予約

↑ページトップに戻る