和の文化をおいしく楽しく学びませんか?

2018年05月01日

5月1日 本日の新着情報

 

圓應寺の三木副住職が主催するNPO法人「福博相伝の会」では、

博多の伝統工芸や伝統芸能を継承し守り継いでいくことを目標に

和の文化に楽しく親しんでいただけるイベントを定期的に開催しています。

 

和の文化というと堅苦しく感じる人もいますが同会のイベントは

「楽しく」ワクワクしながら学べるのがポイント(^▽^)。

どなたでも参加できますので、ぜひ皆様お誘いあわせのうえご参加くださいね。

とくに六月は和の文化を「おいしく」楽しめる注目のイベントが満載ですよ!

 

①服装和のミュゼ 其の一 再現!歴史めし
『ハルさんと革命味のインドカリー物語』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中村学園創立者 中村ハルさんが作る『ハルさんカレー』。

当時、福岡では爆発的に大人気となりました。

さて、ハルさんはこのカレーをどこでどうやって修得したのか、

さまざまなエピソードを交えながら、皆さんと一緒にお作りして、皆さんともぐもぐタイム。

何やら鶏肉は骨付きだとか、ハルさんが純インドカレーにとろみをつける工夫だとか、

ある革命家インド人が愛した妻の為に「命」であるカレーのレシピを出して販売し始めたとか、気になりますね。

 

日時: 平成30年6月24日(日) 11時~14時(受付10:30より)
内容: 日本初の純インドカレーを再現する料理教室と
    煮込んでる時間に歴史作家浦辺登さんにその秘話を
    お伺いいたします。
携行品: エプロン・三角巾
チケット: 2000円(材料費込)
      ペア参加割引 3000円 
定員: 30名
会場: 博多魚宴 福岡市博多区博多駅前1-3-22 2F

詳しくはこちらから

【ご予約申し込み方法】
【NPO法人福博相伝の会事務局】
・TEL :090-1977-5577
・MAIL:npo.fukuhaku.souden@gmail.com

 

②伝統文化親子教室

 

茶道には、「清風自ら立つ」を旨とする精神が息づいています。

郷土料理には、無事に成長し、生かされていることへの感謝と、

すこやかな将来を願う祈りを込めた心があります。

この教室では、親子で着付・茶道・郷土料理による和装の礼法や所作、おもてなしの心を学びます。

教室を通して親子の絆を深めましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日程

6月30日(土)
[始]14:30 [終]17:30

内容/郷土料理教室(講師:調 香生子)
・がめ煮(調理実習と文化史)

7月14日(土)
[始]14:30 [終]17:30
着付茶道教室(講師:花田 宗克・三木 絢子)
・着付実習・たたみ方・礼法
・客の作法・立居振舞・割稽古

7月21日(土)
[始]14:30 [終]17:30
郷土料理教室(講師:調 香生子)
・だんだらがい・あちゃら漬け(調理実習と文化史)

7月28日(土)
[始]14:30 [終]17:30
着付茶道教室(講師:花田 宗克・三木 絢子)
・割稽古と盆略点前 〜 お運びの稽古
・着付実習・帯の巻き方・礼法

8月18日(土)
[始]14:30 [終]17:30
郷土料理教室(講師:調 香生子)
・ごぼ天うどん(調理実習と文化史)

8月25日(土)
[始]14:30 [終]17:30
着付茶道教室(講師:花田 宗克・三木 絢子)
・着付、礼法総復習
・薄茶平点前と席入り

8月26日(日)
[始]11:00 [終]17:30
総発表会
・着物で家族、地域の方にお点前の発表会 
・黒田官兵衛顕彰行事「光姫忌」のお供物作りとふるまい

●場 所 圓應寺

●対 象 小学校1年生から高校1年生までの
     茶道・浴衣の着方・郷土料理が習いたい親子

●応募人数 12名 定員数応募完了次第締切

●参加費 一組 6000円(全7回)
   お子さまの浴衣、茶道具のレンタル代、料理の材料費込です。

詳しくはこちらから