豆まきのルールは?恵方巻の食べ方は?節分の「豆」知識。

2018年02月01日

2月1日 本日の新着情報

 

もうすぐ節分!

「豆まき」や「恵方巻」など節分の行事を楽しまれる方も多いことでしょう。

ところで皆さん、「節分」とはどんな日なのか、

節分の行事にどのような意味があるのか――ご存知でしょうか?

 

実は節分とは2月3日のことだけでなく、「季節を分ける=季節の変わり目」ことを意味し、

本来は立春、立夏、立秋、立冬の前日のことを指していました。

そして旧暦では立春が元旦であり、節分は今でいう「大晦日」だったのです。

そのため、宮中行事として節分の日には、邪気を払い幸多き新年を迎えるための

「追儺(ついな)」が行われていました。

それが現代の「節分行事」となったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

◆節分といえば豆まき!豆まきの意味を知ろう

豆まきの掛け声と言えば「鬼はそと!福はうち!」ですね。

では「鬼」とは何なのでしょう?

そして、なぜ「豆」を撒くのでしょうか?

 

昔話に出てくる恐ろしい形相をした鬼たち。

昔は災害や疫病、飢饉などの天災や恐ろしい出来事は、鬼の仕業だと考えられていました。

その鬼を祓う豆まきは、家内安全や無病息災を願う行事だったのです。

 

ではなぜ撒くのは「豆」なのでしょう。それには

●昔は豆をはじめとする穀物には「魔よけの呪力」があると考えられていた。

●「魔目(まめ)」で鬼の目を打ち、鬼を滅する「魔滅」の語呂合わせ。

などの説があります。

 

◆豆まきのルールは?

●豆まきの前に神棚や高いところに豆をお供えしましょう。

 

●豆まきを行うのは、鬼がやってくる暗くなってから=夜に。

 

●豆をまくのは「年男」「年女」「一家の主人」など。

厄年の人が豆をまき邪気や災厄を祓うこともあります。

 

●炒った豆を使う。(生豆を使うと拾い忘れたものから芽が出て、

再び鬼が芽を出してやってくるので良くないと言われています)

 

●豆まきが終わったら、自分の年より一つ多く豆を食べる。

(旧暦では節分は大みそかにあたり、年が明けたら一つ年を取るため)

 

豆まきのルールを知っておくと、さらに魔よけのご利益がありそうですね♪

 

◆その他の節分行事

●恵方巻

大阪の商家の発祥とされる恵方巻ですが、今では全国的な行事となっていますね。

恵方とは年神様のいらっしゃる吉の方角、

巻き寿司を使うのは「福を巻き込むため」、

太巻きを切らずに丸かぶりするのは「縁を切らない」ためと言われています。

 

 

 

 

 

 

 

【恵方巻の食べ方のルール】

①太巻きを一人につき1本用意

②恵方を向く(今年は南南東やや南)

③願い事をしながら無言で最後まで食べる

これだけ♪

巻き寿司を鬼の金棒に見立て、

丸かぶりすることで、鬼を退治するという意味もあるようですね。

 

●家の入口に、鰯の頭を柊の枝に挿して置く。

古来からの慣習で、鬼が嫌がると言われる鰯の匂いと、

柊の葉の棘によって鬼が近寄らない=鬼門封じや厄除けになると言われています。

 

以上、節分の様々な行事についてご紹介してみました!

今年も節分行事を楽しみながら、

鬼を祓い、たくさんの福を呼び込みましょう(⌒∇⌒)