お墓について

おすすめのお墓情報

お墓のある霊園・寺院一覧はこちらをクリック

お墓とは

供養といえばお墓。
これについてはそんなに疑問ではないと思います。
従来のお墓というのは、墓石を立てて、お名前を刻んで、お参りの時にはお花と線香をお供えして、草取りをしたりお掃除をしたり…

お墓に納骨されていると安心感もありますし、先祖代々大切に受け継がれ、守り継がれてきたものでもあります。 大切にしてもし過ぎるというはないでしょう。
また、供養の形には様々なものがありますが、やはりお墓を建ててそこに眠りたいと考える方は数多くいらっしゃいます。 お金がかかるからうちには難しそうだな、と思ってしまう方もいるのではないでしょうか。

ここでは、お墓がどのようなものなのか、その種類や費用など、お墓を考えるならこれは知っていた方がいいかなと思われる情報をお話していきたいと思います。

大切なのは、ご自分が大切にできるお墓を建てるということです。
建てて終わりということは絶対にありません。 何度も足を運び、ご供養をし、先祖と子孫の心安らぐ大切な場が、あなたの建てようとしているお墓なのです。
とても素晴らしいことだと思いませんか?

ですから、金額などについてはきちんと相談することが大切です。 あなたの予算に見合う納得のいくお墓を建てる方法はあるはずです。

お墓を建立する最終的な会社はほとんどが石材店です。
石屋さんとは日頃なじみがないので気軽に相談しづらいとは思いますが、思い切って話をしてみることで、不安に思っていることや疑問に感じていることが解決されるのではないでしょうか。

1. お墓の種類や特徴

お墓はどこでも建てられるわけではありません。 墓地として認められた土地を利用して建てるわけです。 ...

1. お墓を選ぶポイント

お墓はどこでも建てられるわけではありません。 墓地として認められた土地を利用して建てるわけです。 ...

1. お墓のお金の話

お墓の値段の平均は?と、よくいわれています。 全国的に100万前後~200万円くらいでしょうか。...

1. 福岡のお墓事情

福岡ではまだまだお墓を建てたいという方が多いといいます。 実際にこれからお墓を立てる方、どうしようかと考え中の方...

↑ページトップに戻る

お墓の種類や特徴

お墓はどこでも建てられるわけではありません。 墓地として認められた土地を利用して建てるわけです。
一般に墓を建てる場所を管理している所によって大きく3つの形に分類されます。

寺院墓地
公営墓地
民間墓地

その他に、みなし墓地といわれる地域の方が代々利用している墓地などもありますが、これから墓地を探す場合にはほとんど利用できないものです。
ここでは主な3種類の墓地についての特徴や、実際に建てるお墓の種類などをお話していきます。

主な3種類の墓地

寺院墓地

寺院によって管理・運営されている墓地で、主にお寺の境内に墓地があります。 安心感はありますね。
しかし、寺院にお墓を建てるということは檀家になることを意味することが多いです。


長所 ・境内にあり、お寺が管理してくれるので安心
・ご住職が常駐しているので、葬儀や法要、供養などについて便利
・交通の便がよいことも多い(都心部など)
・ご遺骨の有無や居住地によって申し込みの制限はない
・継承者がいなくなっても永代供養してもらえる場合が多い

その他の特徴としては

檀家になることが前提条件となるところがほとんど
宗旨宗派が限定される(改宗の必要がある)
寺院の行事や組織、寄付などを求められることがある
墓所の空きがないこともある

末永いお付き合いを望まれたり、ご住職の人柄で決めたり、さまざまな理由があるようです。 あくまで宗教施設ですので、その宗教をご理解の上、お墓を建てることが大切です。
ご法要やお寺の運営方針など、ご自分に合ったお付き合いができるところが見つかるといいですね。

公営墓地

都道府県、市町村などの自治体が管理運営しています。
費用も安く、現在、空きがわずかで抽選の際には高倍率となってるところがほとんどです。 今後新設されるところはほとんどなく、今後も倍率は高いままの状態が続くことでしょう。 購入申し込みに当たって資格制限が設けられていますので、ご自身が当てはまるかどうか検討しなくてはなりません。

長所 自治体の運営なので管理が安心
料金(永代使用料や管理費)の設定が他の墓地に比べて低い
宗旨宗派を問わない
墓石建立の際、好きな業者を選ぶことができる
デザインも自由
短所 募集が不定期
購入の際に抽選になることが多い
好きな場所を選ぶのは難しい
申し込みに際して条件が設けてある
立地の面で不便なところも多い

申し込む際に設けてある条件については各自治体で異なります。
住民票や戸籍がその自治体にあることや、納めるご遺骨があること、継承者がいることなどが主に挙げられますが、誰でも申し込みができるわけではありませんので注意が必要です。

民営墓地

財団法人や社団法人、非営利の宗教法人や公益法人などが許可を受けて経営している墓地です。
テレビなどで「霊園」の広告を見ることがありますが、それがこのタイプの墓地です。 宗教法人が運営していても、宗旨宗派を問わずに募集しているようなところは寺院墓地ではなく民営墓地と呼ばれています。 民間経営ならではの様々なサービスや取り組みが多いのも特徴です。

長所 宗旨宗派は問わない
居住地などの制限はない
お墓の広さやデザインをかなり自由に選べる
生前購入が可能
駐車場やバリアフリー、その他便利な施設が充実している
郊外にあり、環境もきれいに整えてある公園のような施設も多い
郊外の場合、区画の広さに対して都心部より価格が低め
短所 担当する石材店が決まっていることが多い
永代使用料や管理料の設定が高めなところもある
墓地によっては管理状態に差がある
経営状態が不安定なところもある

敷地内がきれいに整備され、お参りもしやすいです。
特に郊外などでは駐車場も広く設けてありますし、公共交通機関からは不便でも送迎バスを運行していたりします。

また、ペットの霊園を併設している、法要の際の会場の貸し出しや僧侶や仕出しなどの手配もしてもらえるなど、かなり便利なところもあります。 立地によっては市街地を一望できる、海が見えるなどの特徴がありますので、そちらも合わせて検討なさってはいかがでしょうか。

主なお墓の形の3種類

一般的にお墓といって思い浮かぶものは……縦長の石が一番上にドーンと乗っている形ではないでしょうか。 その形を 和型 と呼びます。 また、最近では 洋型 と呼ばれるものも増えてきていますし、石材の加工技術の向上により、自由にデザインができる デザイン型 のお墓もあります。

和型墓石

お墓といわれてまず初めに思い浮かぶのがこの和型です。 江戸時代中期以降から普及した形といわれています。 様々なデザインの墓石が出てきましたが、この形を好む方も多く、宗旨宗派を問わず、かなりの割合を占めています。 神道では一番大きな石の頭頂部が四角錐のように尖った形になった和型のお墓が建てられることがあります。 それ以前の墓石は、単に自然石を置いたりしたものも多かったようです。 また、仏教の流れを汲んだもので江戸時代の武家の墓上には仏塔や五輪塔を墓標として建立していたようで、現在の和型墓石はその五輪塔や仏舎利塔を簡略化したものだといわれています。

洋型墓石

昭和50年代に芝生墓地が誕生したことにからでてきた形です。 近年増加してきた形式で、全体的に高さが低く、横長なのが特徴です。 通常は棹石と呼ばれる部分に〇〇家などと彫りますが、この形式では好きな言葉や色を用いて絵を彫ったり、自由に彫刻しているケースも見られます。 まだまだ主流とまではいえませんが、受け入れられやすい形になっているようです。




デザイン型墓石

近年では個性的なお墓をデザインすることも増えてきています。 個人にゆかりのある仕事や趣味などをモチーフとした墓石が建てられます。 石材加工の技術の進歩により、様々な形を造ることができるようになりました。

和型や洋型でしたら、周りのお墓などを参考に「これに似たものがいい」などイメージがしやすいです。 しかし、デザインを一から考えると、その思い描いたデザインを石の加工で忠実に再現できるのか、思ったような仕上がりにならないのではないかという不安もあります。 オリジナルのデザインの場合は綿密な打ち合わせが必要となります。

デザイン型については石材会社や霊園によってはデザインサンプルを持っているところもあります。

既に考えられているデザインを元に、オリジナルの部分を追加するなどの方法もあるかもしれません。 また、パーツがあらかじめ用意してあり、それを組み合わせることで、セミオーダーの形式の墓石をデザインすることができる方法も最近考え出されました(太宰府メモリアルパーク「オーロラ」参照)。 何度も話し合ったりする手間やデザイン料金なども追加でかかりませんので、手軽にデザイン型を購入することができます。

↑ページトップに戻る

お墓を選ぶポイント

どの供養方法でも同じことが言えますが、お墓は購入したら終わりではありません。 お参りをすることが大切です。
自分のこと、お参りに来てくれる子孫のことも考えて決定しましょう。

どの墓所を選ぶか

公営か民営か寺院墓地か・・・

運営主体だけでも3種類から選ばなくてはなりません。 これらの特長については別のページでお話していますので参考にしてみてください。

しかし、文字で表す特長には伝えきれないところもあります。 また、墓地は施設ごとに異なり、一概にこうだといえることはほとんどありません。

安いと思って公営の墓地にしたのに周りのお墓が立派で意外と墓石代が高くついたとか、高いと思っていた民営の霊園に見学に行ってみたら意外と便利でサービスも行き届いていたのでよかったとか、寺院墓地は檀家になるのが嫌だったけど、話をしてみたら無理なことは言われないし、相談しやすく心も落ち着くご住職に出会えたとか。 実際に行ってみなくては分からないことがたくさんあります。

とにかく、足を運んでみる、説明を聞いてみる、他人からの情報に惑わされず自分の目で確かめてみる、など、迷っているなら行動してみましょう。
今はネットから資料請求したり、フリーダイヤルがあったり、ホームページに情報が掲載されていたりと、様々なアプローチが可能です。

実際にお墓を建設する石材店に案内をお願いするのもいいでしょう。 きちんと実績のある信頼できる石材店を選ぶことが大切です。 もちろん、石材店は自社の商品を売りたい気持ちがあります。 お話をなさってみて、ちょっと違うなと感じて断ることもあると思います。 正直な気持ちを伝えれば、違った提案をしてもらえるなど柔軟な対応をしてくれるはずですよ。 それでも納得がいかなければ別の石材店に話をしてみてもいいと思います。
ただし、たくさんの石材店に声をかけてしまうと、ご自身の対応も大変になってしまいますので、気をつけてください。

選ぶポイント

立地条件

自分や子どもたちがお参りに来ることを考えると、交通の便を考慮することはとても重要になります。
自宅からの距離だけでなく、公共交通機関の場合、車の場合、送迎バスを利用した場合など、複数の視点から検討することが大切です。
また、周辺環境も大切です。 都市部のにぎやかなところ、静かなところ、海が見える、自然に囲まれている、など、好みの場所があると思います。
実際に足を運んでみると、気に入った立地のお墓も見つかりやすくなるでしょう。

施設や設備

お参りする人のことを考えた施設・設備があるかどうかは重要です。
駐車場、休憩所、水場や手桶の貸し出しなど、お参りに必要な施設はそろっていますか?
また、バリアフリー仕様になっているか、無理のない段差や傾斜かどうかなども重要なポイントです。
近代的で見た目が立派な必要はありませんが、お参りするのに不便であっては困りますよね。
民間霊園によっては、法要や会食が行える施設やレストラン、売店などを併設していることもありますので、必要に応じて選択するポイントにしてはいかがでしょうか。

管理・整備状況

管理者の対応はいかがですか?
個々のお墓ではなく、その周辺の清掃状況や植え込みの状態などはどうですか?
この墓地はきちんと管理されているなと思えることも大切ですね。
また、排水施設が整っているか、お墓が雨水に浸かってしまわないかなども気になる点は確認しておきましょう。

資格・条件

墓地によっては宗教宗派が限定されることがあります。
寺院墓地では条件として檀家になることが必須のところが多いです。 また、公営墓地では居住地や遺骨の有無、継承者の有無など細かく応募条件が設定されていますので、確認のうえ応募しましょう。 民営墓地では条件が緩やか、もしくは条件資格はありませんので、申し込むのは比較的簡単かと思います。
 

↑ページトップに戻る

お墓のお金のはなし

お墓の値段の平均は?と、よくいわれています。 全国的に100万前後~200万円くらいでしょうか。
といっても、この金額で必ずお墓が立てられると決まっているわけではありません。
お墓の金額は、様々な要素が組み合わさって決まります。 この大きさだから、この金額、と決められるわけではないのです。

そこで、お墓はいくらなのか、どこで金額に差が出ているのか、どのような要素が組み合わさっているのかなどをご説明したいと思います。

お墓の金額の構成

チラシやパンフレットに「一式」いくら、という表示がよくあります。
その一式とは何を指すのでしょうか。 それぞれに内訳がどこかに記載されているはずですので確認してください。

一般的にお墓にかかる費用には以下のようなものがあります。

墓石費用 お墓の石の代金
墓石本体の代金、石材加工代金、運搬費など。 加工が複雑だと金額が高い。
彫刻費用 墓石に文字や家紋などを彫る代金
色を使ったり、金箔を貼ったり、複雑な彫刻だと金額が高い。
据付工事費用 ばらばらの石材を組み立てる代金
基礎工事代金、工賃、利用する機械の使用代金など。
永代使用料 お墓を建てる土地の使用料金
土地の使用権利金であり、購入ではない
管理費 墓地の管理代金
共用部分や、貸し出しの道具、施設維持費など。 (個別の区画の管理は各自で行うので管理対象外)
消費税 消費税
墓石費用、彫刻費用、工事費用は課税対象

このほか、納骨に関する手数料や寺院への入壇料、寄付金なども考えられます。 生前購入の場合は、霊園などによっては年会費などがかかるところもあるようです。

お墓の値段の相場

お墓の値段としては 70万円~200万円 ぐらいが相場といわれています。 とはいっても、この金額に130万円もの差があります。 もちろん、もっと安く、もっと高くなることもたくさんあります。

お墓の値段は、建てる場所、石の種類、石以外の材料など様々な要素で決定されます。 まるで一戸建ての住宅を購入するようなものです。 土地代、間取り、建材、駐車場や庭などによってその価格が大きく変わってくるのと同じなのです。

注文住宅のように、デザインや間取り、窓の大きさや色、庭のデザインなどを自分で決める場合、希望や立地によって金額が大きく変わります。 また、土地付の建売住宅の場合は一定の金額ですがデザインも選べません。ただオプションとしてなにかをプラスすることができます。

注文住宅のようなものが、霊園などの自由墓、建売住宅が規格墓といわれるものに相当するかもしれませんね。

また、お墓の購入は車の購入にたとえられることもあります。
最低限これだけあれば車としてちゃんと走りますよ、というのが車の最低価格です。 でも、それではCDも聴けないし、パワーウィンドウもついてない、キーレスエントリーもできない、色も変えられない。 車を買うときには、様々な自分の要望を加えて、オプションを選んでいきます。 それらの金額を最低金額に足したものが支払い総額になります。

お墓にも、これだけあれば十分お墓としては成立しますよ、というものがあります。 しかし、それだけでは寂しい、もっと便利に、もっと立派に、といってオプションを足していくと、総額がかわっていくのです。

土地の状態によっては基礎工事が大変な場合もあります。
また、山奥で道が悪ければ運搬費用が余分にかかったりもします。
このように、お墓の値段と一口に言っても、完成させるまでの費用にはいろいろな要素が含まれていることも理解しておきましょう。

お墓の相続

お墓の相続はどのようになっているのでしょう。
よく、お墓を生前に建てると相続税対策になるということを耳にします。それがどういうことかについて説明しましょう。

お墓も、もちろん相続財産です。 お墓を住宅のように考えると、土地と建物それぞれに固定資産税がかかってくるのでは?という疑問があります。
まず、土地に当たる「墓地」の相続ですが、その土地の所有権ではなく、永代使用権であることが一般的です。永代使用権とは墓地の所有者との契約によって永代に墓地を使用することができる権利のことをいいます。

つまり、お墓を相続するということは、墓地の永代使用権と墓石の所有権を承継するということになるのです。 しかし、お墓は祭祀財産にあたります。 この祭祀財産は相続税非課税財産になりますので、お墓の相続は 無税 です。

しかし、それは生前に建っていることが前提です。

かつてはお墓といえば先祖代々承継していくのが当たり前でしたが、現在は核家族化が進んでいるため亡くなった後にお墓を購入することが多くなっています。 しかし、死亡後に相続した財産からお墓を建てると、購入代金にも相続税がかかってしまいます。 そこで、節税対策として生前にお墓を建てる方がいらっしゃるのです。 お墓という祭祀財産として相続させるという方法をとれば、相続税はかかりません。

生前にお墓を建てることを嫌う方もいらっしゃいますが、利点はこのような節税対策だけではありません。 生前に建てるお墓のことを「寿陵」といい、長寿をもたらす縁起の良いものといわれることもあるようです。

また、自分のお墓を自分で思うとおりの場所やデザインで建てることができるため、生前にお墓を建てておく人はますます増えているようです。

 
 

↑ページトップに戻る

福岡のお墓事情

福岡ではまだまだお墓を建てたいという方が多いとききます。 実際にこれからお墓を立てる方、どうしようかと考え中の方、現在の福岡のお墓ってどうなの?
そんな方に少しでも参考になる情報をお伝えしたいと思います。

では、墓地の種類ごとに現状をご説明しましょう。

墓地による違い

寺院

福岡市の中心部については墓地にたくさん空きがある寺院は珍しいです。
新しく寺院にお墓をもちたいという場合は、まず直接お寺と話をしなくてはいけません。 既存の檀家で墓地がいっぱいの寺院も多いのです。

しかし、まったく空きがないというわけではありません。 いくつか区画があるが、大々的には公表していないこともあります。
寺院には宗教宗派がありますし、檀家制度もありますので、まずはその宗教宗派を理解し、信頼できるお寺であればぜひお話しなさることをおすすめします。 ご相談にのってくださるところが多いと思いますよ。

金額については、寺院が管理しているのは基本的に土地ですので、永代使用料を納めることになります。 便利な場所であるほど永代使用料は高くなるのが基本です。

寺院の中には区画整理し、金額を明確に打ち出したものがあります。 お寺は土地代も墓石代も明確でないことが多い中では、安心して検討できるかもしれません。 自由にデザインすることは難しくても、寺院境内という安心の墓所に比較的安価にお墓をもつことができるメリットがあります。

墓石建立については、石材店が請け負うことになりますので、ご相談なさってください。 寺院が石材店を指定することもありますが、ご自身で見つけた信頼できる石材店でお願いしてみましょう。 お寺で石材店を紹介してくださることもありますので、気軽に相談してみましょう。
お寺の中での工事になりますので、信頼できる石材店に請け負ってもらいたいというのが寺院側の考えでもあります。

形や大きさなどに制約がないこともありますが、寺院墓地であることを考え、ある程度は周りのお墓との調和を大切にするといいかと思います。

公営霊園

福岡の公営霊園は当選するまでが大変です。 当選してしまうと基本的には3年以内に建立が必要ですので考えておきましょう。

土地の広さによって永代使用料が変わります。
区画は霊園によって異なりますし、1㎡あたりの使用料が決まっていますので、自分が使用する区画の広さに応じた使用料がかかります。
福岡市なら、1㎡あたり平尾霊園が26万円、西部霊園が17万2千円(どちらも市内在住者料金)となっています。 北九州市では霊園によってかなりの差があり、1㎡あたり4万円弱の霊園から14万円を超えるものまであります。 高いか安いかは立地と関係していますので、判断は難しいところです。

墓石の建立ですが、公営霊園には石材店の指定や制約はありません。 ただ、自治体によって高さの制限があったり工事についての申請が必要だったりと細かい決まりがあります。
当選されたら説明会が行われますので、様々な規約などの資料をもらうと思いますが、全部を理解しようとするのは大変です。 福岡では申請手続きの代行や決まりごとの確認など、石材店に任せることができます。 実績があり、霊園についてよく理解している石材店を選ぶことが大切です。

福岡の市立霊園では規定内の大きさギリギリのサイズに建立することが多いようです。 近隣のお墓とのバランスや、見栄えも重要です。 石にこだわるのか、デザインに凝るのか、お参りしやすさを重視するのか、後悔しないようしっかり相談してください。

民間霊園

福岡にはたくさんの民間霊園があります。
福岡市は市立霊園の利用が困難なことから、周辺の民間霊園を検討しなくてはなりません。
民間霊園のいいところは、常に新しい試みを行っていることです。 世の中の需要に応じて新しいお墓の企画を立ち上げ、常に動向をチェックしています。
お墓がほしいと思う人のかゆいところに手が届くサービスを常に考えているのです。

金額については、確かに公営霊園に比べて高いです。 民間霊園は都心の郊外にあることが多く、決して立地がいいとはいえないところがあります。
それでも永代使用料は都心の市立霊園と同じくらいかそれ以上しますし、墓石本体も決して安くはありません。 それでも、利点があるので選ばれているのです。

まず、恵まれた環境が多いです。
山手にあるため眺望がいい、海が臨めるロケーションである、敷地が広いのでバリアフリーになりやすい、四季折々の樹木や花に囲まれている、など、市立霊園では望めないような豊かな自然を感じられます。 お参りに来る楽しみがありますよね。

民間霊園ならではのサービスが行き届いていることも魅力です。 共用施設が豊富な点もポイントです。
法事などができる施設がある、会食もできる、手ぶらでお参りに行っても線香や花、お供え物も販売している、送迎バスがある、霊園内の管理がしっかり行き届いている、トイレがきれい、など、実際に行ってみると便利に思うポイントがたくさんあります。

新しい形のお墓に対応しています。
永代供養も樹木葬も夫婦墓もペットと眠れるお墓も福岡では民間霊園にあるのです。 時代の要望にいち早く応えた埋葬方法を提供してくれていますので、選択肢が広がります。

お墓を立てる際は石材店に依頼しますが、民間霊園は指定石材店がありますので、特に規格墓の場合は自由に石材店を選ぶことができない場合がほとんどです。
霊園から石材店を指定されることもありますし、石材店と直接交渉することは難しいこともあるでしょう。
ただ、金額が予め明確に表示されているので高額な請求などは発生しにくく、安心して選ぶことができます。

   
  

↑ページトップに戻る